最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2005年9月21日 (水)

後藤田官房長官

後藤田正晴さんが亡くなられましたね。別に地元の政治家でも、政治にそんなに造詣が深いわけでもないけれど、小さい頃から「後藤田官房長官」ってなぜか強く印象に残っています。いつも何だかまともな事を、まっすぐに言っているイメージがあって、幼心に怖い人なイメージがありました。しかられているみたいな感覚。そして、何人にも負けない信念を感じました。最近もかなり今の政治や世の中のおかしいところをビシッと指摘していたイメージがあったんだけどなぁ、つい最近まで。

とても残念です。でも、もっと残念なのは、後藤田さんみたいなカッコいい「名軍師」的な政治家が見当たらないこと。自分の首をかけて権力者をいさめる姿勢って見えてこないですよね。私は政治の世界には興味がありませんが、この人みたいなちゃんとした大人に、社会人になりたいとあらためて思いました。結構大変だろうけれど。私がトップに登り詰めることよりも、軍師的な地位にあこがれるのはこの人の影響なのかもしれません。三国志で言えば劉備ではなく諸葛亮が断然好き。

最後になりましたが、後藤田さんのご冥福を心よりお祈りします。